会社のすべての問題は社長の問題

会社のすべての問題は社長の問題。
これは私のポリシーの1つで,責任の所在を明確にすると同時に足枷になります。
随分とこの足枷に引きずられ,会社の成長を鈍らせてしまいました。
なぜ足枷だったかというと,社長の問題を自分の問題と捉えていたからです。
会社の問題を自分で解決しようと考えたときにそれが足枷になっていました。そりゃもう自分で解決するには朝から晩まで飛び回らないといけない。
この飛び回れる範囲が会社の大きさになってしまっていました。

足枷を外す方法は,自分の考えや目指す未来に共感する人を信頼し委ねる。そして責任は自分が取る。

この動画を見てふと思い返しました。
社員,役員の皆さん,ホントありがとう。

投稿者プロフィール

福田 信也
福田 信也株式会社キャリッジリターン 代表取締役
現場営業に特化し、主に大手直請け案件を手掛けるソフトウェア会社を経営する。5年間のサラリーマン技術者を経験した後、5人で独立。技術者時代にあたためてきた経営アイデアを試行錯誤実践し、5次請けから始まった取引は3年後に最初の直請けに実を結ぶ。自らの経験をもとにみなさんに「腕一本で食っていける技術者」になってもらうよう日々奮闘中。