インターン三ヶ月経過

キャリッジリターンでインターンをはじめて約三ヶ月が経過しました。今回、学んだことなどを三つに分けて簡単にまとめていきます。

まずはじめに、当然プログラミング能力の向上です。特に読む力がすごく身についたと思います。改修作業ゆえに、ある程度どこがどの機能を果たしているか、この機能はどこに記述されているかなど時にはメモしたりしながら読んでいるうちに理解が深まってきました。課題は、自分の考えをうまくコードに変えることができず書く力がまだ未熟なので改善していきたいです。

次にデータベースの理解です。面倒見てくれている田所さんから臨機に図にして教えていただき大まかにデータベースの仕組みを理解できました。それと単体テストにおいて実際に自分でちゃんとデータが追加されているかであったり、削除されているかなどSQL文を書いて確認することでより深く学ぶことができました。ですが、長文のSQL文をみるとなんのデータを引っ張ってきているかなど困惑してしまうのでどんどん触れて慣れていきたいです。

最後に、現場での経験です。これが自分の中では一番の収穫だと思います。現場での経験と一言でまとめましたが、この一言に多くのことが含まれています。一つ例を挙げると普段自分は半日以上パソコンと向き合っていて体験することはないですが、川崎事務所のメンバーのお客様が来た時の対応であったり、電話応対、会議など身近で見たり聞いたりできて、それだけで今後の自分にプラスになります。

まだ学生の身であるがゆえに、インターンに加えて学校、バイトと大変ではありますが、充実した日々を送れているのですごく満足です。今後もどんどん吸収して成長していきたいです。

投稿者プロフィール

橋本和磨
橋本和磨
友人がプログラミングをしている姿に憧れ独学でプログラミングを学習、そしてオリジナルアプリを作成し、その後キャリッジリターンにインターン生として勤しむ。
学生の身ゆえに学業、バイト、趣味のサッカーと多くのことをこなしながら今のインターン活動をしているが充実していると実感している。
あまり自分を表現することが得意ではないが、与えられた仕事には責任を持つ。