一緒にやろう

私がキャリッジリターンに入社するきかっけにもなったことです。

福田社長が面接官として面接した際に、
自分のやりたいことが多すぎて伝えたいことが支離滅裂になってしまいました。
それでも福田社長は、一つ一つ丁寧に耳を傾けてくださったのです。
しかも、ITと福祉を合わせた事業したいとか、演劇の経験を活かして劇や映像を作りたいということ無理だと否定することもなく、
むしろ「一緒にやろう」と言ってくれたのです。
懐の深さに感動し、この会社なら実現できるかもしれないと思ったのです。
そして私の望みを実現し、今度は私が他の人の望みを一緒に実現しようと気持ちを高めるきっかけになりました。

投稿者プロフィール

門田綾奈
門田綾奈
大学で演劇に出会い役者の道を志し、事務所に所属し3年間役者として活動する。
家庭の事情から、相談員(カウンセラー) として就職し約3年働くも、表舞台に立ちたい思いからアイドルになるが、今後の自分のキャリア形成を考え、転職を決意し、アイドルと相談員を同時に辞める。その後、キャリッジリターンに拾ってもらう。
やりたいことはたくさんあるが、まだまだ迷走中…。
座右の銘「辛いときこそ、笑顔」