相手を理解する事から全ては始まる

今でこそ僕の職業はITエンジニアとなったが、それまでは長いこと接客や営業職に携わってきた。
その頃は、日々目の前の顧客が何を考えているのか、何に困っているのか、
どうすれば相手の望みを叶えられるか、どうすれば気持ちの良い取引が出来るか、ということに誠心誠意を尽くしていた。
最初は半信半疑だった相手の表情が、時間と共に和らいでいく、そんな空気感を肌で感じてきた。

今はその頃とは打って変わって、日々目の前のパソコン君とおしゃべりをしている。
…が、入社してから1年程にもなるというのに、恥ずかしながら僕はまだパソコン君と上手に話すことができていない。
彼はいつも、問を投げかける僕に対して、冷静かつ鋭いツッコミ(Error Message…)を返してくる。

でも、それもそのはず。
上手くいかないのは、僕が相手の事を全く理解していないからである。
今やっていることは、営業時代で言えば、相手の状況や問題点、望んでいる解決方法を知らないまま
頭ごなしに「あぁしなさい、こうしなさい」と提案しているのと同じである。
顧客からしたら「何もわかってないな。いらない。」となるのと同じで、
パソコン君からしたら「何もわかってないな。そんなんで動けるか! →Error Message…」となっている訳だ。
機械は人間とは違って、表情や空気を感じたりすることはないけど、「相手を理解する事から全ては始まる」という意味では一緒なのかもしれない。

だから、もっとパソコン君の事を知って、いつか上手におしゃべり(相互理解)が出来るようになったら、
その時は、文句1つ言わずにサービスを稼働させてくれ!

投稿者プロフィール

比嘉 はじめ
比嘉 はじめ
2019.09入社。歌って踊れるシステムエンジニアを目指して毎日瀕sh....日々奮闘中。
これまで、接客業や営業職に長く携わっていましたが、30代に入り新たなチャレンジとして未経験のIT業界へと飛び込む。
キャリッジリターンに入社して、パソコンのパの字と料理のリの字を学ぶ。