好きなことは早起きをしてやるべし

早起きは三文の徳

よく耳にすることわざです。
実際私もかなり早起きの方で、まだ暗い、家族が寝ているうちに仕事をするのが自分に合っていてとても好きです。

それに引き換え、主人と10歳になる娘はいつまでも寝ているぐうたら派。
朝起こすのも一苦労でお尻を叩きっぱなしの毎日でした。

そんな日々に変化が訪れたのは、昨年の春。
コロナ禍で休校となり、宿題だけがたんまりと渡され自宅にこもっていた時のことです。

寝ようと思えば毎日延々と寝ていられる。
私も、予定が詰まっているわけではないのでやんわりと諭すけれど何度も起こすこともしない。
寝ていても文句を言われない。
好きなだけ寝ていられる。
けど・・・
私は寝たいんだっけ?

娘はそう思ったそうです。

「寝ていられない時は寝たいけど、いつまでも寝ていられるなら今寝なくてもいい」

眠たくなったら寝るから朝はちゃんと起きてZIP!を観る!と。

翌日から、娘は起こさずとも休みの日も7時には起きるようになりました。

加えて、小さい頃から好きだった「絵を描く」ことに拍車がかかり
毎日スケッチブックに何枚も鬼滅の刃を模写しています。
お誕生日プレゼントは「コピック」というペンで、YouTubeで描き方を覚えて黙々と描く。

学校が始まった今も早起きの習慣はそのままで、絵を描く時間がほしいからと6時に起きて描いています。
習慣を見直すことを自ら思い立ち行動していること、そしてなにより好きなことをやっているので続いているのかもしれません。
私も一緒に絵を描こうかなと思えるくらい、楽しそうな娘を見ながら朝食を作る毎日です。

投稿者プロフィール

富塚 祐子
富塚 祐子
視座を養い見える景色を広げたいと常々思っています。
朝活派で目玉焼きは半熟に醤油、大好物は牡蠣フライとおはぎ。
手帳は完全アナログ派。YouTubeでは専らドアラのバック転鑑賞。
中島みゆきのモノマネを練習していますが全く似ていません。
琴線に触れる瞬間が増えました。
家族の笑顔と体重減少が私の喜びです。