生活における消費と投資

個人的な話になりますが、昨年から一人暮らしを始めました。

当たり前といえば当たり前ですが、何においても全て自分のペースで生活することになります。
妨げてくる人もいないし、助けてくれる人もいませんからね。

最近思うのは、「時間を増やすもの」「健康に繋がるもの」には惜しまず投資しなければならないということです。

前者については、まず一つとして洗濯。
私が使っているのは所謂普通の縦型洗濯機で、当然ながら干す手間がかかります。
と、様々な理由から部屋干し派なわけですが、一度に干せるスペースが限られてるので結構な頻度で洗濯してます。時間の消費に他なりませんね。
ドラム式洗濯機にすればこれらは解決すると最近気付いてしまいました。

あとは、ゲームをよくやるので結構大きめのディスプレイを買いましたが、
時間をひたすら消費するものに対してここまでした意味はなんだろうかと最近考えてしまいます。
まあ面白いし良いかなという感じでもあります。

後者については、食事。
全く自炊しません。ある意味時間は作れていますが、栄養バランスが犠牲になってます。
これについては調理器具や材料を揃えるお金、そして料理をする時間、どちらも投資し是正していく必要があると思ってます。
思ってるだけで今のところ何もしていません。
誕生日に調理器具をプレゼントしてくれた同僚二人に対しては誠に心苦しく思っています。

何の話をしているのか分からなくなってきましたが、
自分のためになるならお金も時間も使う。そうでないなら少し冷静になって考えてみるべき。
ということが最近身に染みて分かってきた、というところです。

最後に向こう一年の短期目標を「自炊環境を整え、実際に料理をする」
向こう三年の中期目標を「ドラム式洗濯機に買い換える&それが置ける家に住む」
としてこの記事は終わりたいと思います。

投稿者プロフィール

原木勇輝
原木勇輝
2018年7月入社の若手SE。
前職ではプログラミングに一家言ある先輩の下で修業を積み、自身もまた拘りを持つようになる。
良い意味で変わった考え方をした人の多いキャリッジリターンに惹かれ転職を決意。
設計・製造は勿論のこと技術調査、最近では顧客との折衝も行うなど着実に力を伸ばしている。
どんなことに対しても自分の考えを持つタイプであり、納得できないことがあれば上司相手にも物怖じせず意見を言う気概の持ち主。
得意分野はプログラミング。好きじゃないものはテスト実施(特に単体テスト)。